埼玉県の仏壇店のあすか

埼玉県のふじみ野市の仏壇店のあすかです。仏壇と仏具を販売しております。日常に感じたことを徒然に綴って参ります。

埼玉県の仏壇店のあすか 「おしゃれな仏具」

最近はおしゃれなビルが多くなりました。
全面ガラス張りで、形も幾何学的な感じです。
 
一方で昭和の頃の建物がだんだんと減っていくのは
少し寂しく感じてしまいます。
 
雑多な感じで個性ある建物がある風景が均一的な感じに
なっていくのは時代の流れなのでしょうか。
 
おしゃれと言えばお仏壇の中に入れる仏具もおしゃれに
なってきました。
 
最近は家具調のお仏壇が多く利用される様になりました。
 
形、色、素材が多岐にわたり、お仏壇というより、ひとつの
インテリアのような風情です。
 
それに合わせる様に仏具もおしゃれな感じのものが増えてきました。
 
イメージ 1
 
お気に入りのお仏壇におしゃれな仏具はいかがですか。
 
仏壇店に行きますと様々な仏具が展示、販売されています。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇にお供えする花」

猛烈な暑さも一段落したところです。
朝、晩は半袖ですと寒く感じる位です。
それにしても今年の夏は暑かったですね。
 
人間も大変ですが果物、野菜といった植物も大変です。
野菜も大根は100円で買えたのに今は150~200円と
いった感じです。
 
屋内にある仏壇の中に供えられたお花も大変でした。
室内の温度の上昇で傷むのが早かったです。
 
本来ですと生花が望ましいのですが暑い夏はそうも言っては
いられません。
 
造花と生花を上手く使い分けた方がよいかと思います。
 
イメージ 1
 
 
ところで、生花の場合はどの様な花がいいのでしょうか。
 
匂いのキツイ花、トゲのある花は避けたほうがいいでしょう。
 
一番無難なものはお花屋さんで販売されている「仏花」を
利用されるとよいかと思います。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇で使用する鐘(かね)」

今朝ヤフーニュースをのぞいていたら串カツ田中
新入社員の離職に対する取り組みが書かれていました。
 
人手不足が原因で企業が倒産をするケースが
去年に比べて増えているそうです。
 
景気が悪い一方で人出不足なんて
なんか違和感を感じてしまいます。
 
ところで串カツ田中はお肉のカツだけの取り扱いなんでしょうか。
 
私は行ったことがないんで分からないんですが
ソースを2度つけるのはダメとか聞いたことがありますが・・・
 
色々な素材を揚げたものがあれば楽しいだろうなぁと
勝手に妄想してしまいます。
 
色々な素材と言うとお仏壇に使用する鐘(かね)も
様々な色、大きさ、デザインのものが製造、販売
される様になりました。
 
 
イメージ 1
 
 
最近は家具調仏壇が多く利用される様になりました。
ですので、それに合わせる様にコンパクトで場所をとらない
ものが多くなりました。
 
おりんを鳴らす棒が自立式で場所をとらず、おりん自体の
大きさも小さくなってきてます。
 
コンパクトで、カラフルといった点ではお仏壇と
共通しているのかもしれません。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

「埼玉県の仏壇店のあすか 「仏具もモダンなデザインで」

最近犯罪が起きると防犯カメラの画像がきっかけで犯人が
捕まるという話を良く聞きます。
 
以前にくらべてカメラの設置が増えたお蔭とも言えます。
 
数が増えたと言えば仏具もモダンなデザインのものが
多くなりました。
 
以前は仏具というと決まりきった形があり、サイズが大小違う
という感じでした。
 
現在はサイズもそうですが、様々なデザインのものが
生産、販売されるようになりました。
 
特に最近はシンプルなデザインの家具調仏壇が多く利用される
様になり、それに合うモダンな仏具が増えました。
 
色も多種多様で、これだけ種類があれば必ず自分の好みに
あったものが探せられると思えるほどです。
 
ご自分の好みにあったモダンな仏具を選んでください。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇が白い」

仕事柄ネクタイをすることが多い私ですが、新たに買う時に
いつもどれにしようか迷ってしまいます。
 
形状もさることながら色々な色使いのものがあり、
どれが自分に合っているのか分からなくなってしまうからです。
 
最終的には以前使用していたものと同じ様なデザインのものを
買ってしまいます。
 
さて、色々なデザインと言いますと最近のお仏壇は
カラフルになりました。
 
以前はお仏壇というと黒か赤かというイメージが強かったかもしれません。
 
黒檀(こくたん)や紫檀(したん)を使用した唐木仏壇に代わって
扉を閉めると家具のような家具調仏壇が多く利用されるように
なりました。
 
それに合わせる様に形状や色が様々なものが製作
販売されるようになりました。
 
白いお仏壇も例外ではありません。
 
そういった意味では、それぞれ一人一人の好みといいましょうか、
嗜好にあったお仏壇が選べるようになりました。
 
仏具にも白いものが製造されるようになりました。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇のどこにお位牌を置くの?」

最近の家電はほとんどと言っていい程リモコンが付いています。
 
帰宅したら、まず照明のリモコンを手にして、次にテレビのリモコンを
手にして・・・といった具合です。

この便利なリモコン。
置き場所が分からないと大変なことになります。
 

部屋は暗くてリモコンを探すことが出来ないといった悪循環になります。

置き場所が分からないと大変と言えば
お仏壇の中に安置するお位牌もそうです。
 
 
お客様とお話しをする際、
 
「お位牌はお仏壇のどこに置くの?」とご質問を受けることがあります。
 
お仏壇の中にお位牌を置く場合、どこに置くのでしょうか。

基本的にはお仏壇の2段目に置きます。
 
向かって右側が上座(かみざ)になりますので
お位牌が1体の場合は2段目の右側に置きます。
 
 
イメージ 1
 
 
 
 

最上段の中央には、その宗派のご本尊様をご安置します。
 
そのご本尊の下(もと)修行しているものと考えます。
 
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇もおしゃれでコンパクトの方がいい!」

いま、軽自動車に人気が出ているそうです。
 
燃費がよいのとコンパクトなので街中を運転するには
便利なのだとか・・・

各社メーカーも色も含めて様々なタイプのものを投入しています。
 
中の内装もおしゃれで女性にもウケが良いとか・・・

おしゃれでコンパクトと言いますと、最近のお仏壇も
そういったものが増えてきました。

どちらかと言いますとお部屋のインテリアの
一部といった感じでしょうか。

使用されている素材も木だけではなく、ガラスやアルミなど
少し前までは想像出来なかったものを使用するようになりました。
イメージ 1
 

ご自分のお好きなデザインのお仏壇を探して下さい。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
仏壇のあすかの店長の日記