埼玉県の仏壇店のあすか

埼玉県のふじみ野市の仏壇店のあすかです。仏壇と仏具を販売しております。日常に感じたことを徒然に綴って参ります。

埼玉県の仏壇店のあすか  「お仏壇の修理」

以前我が家でBSのアンテナを設置した際
工事をした電気屋さんが誤って屋根の瓦を割ってしまい
それが原因で雨漏りしたことがありました。
 
最初は原因が分からず、屋根の修理をお願いした大工さんが
どうしてそうなったかを教えてくれました。
 
家も長年住んでいると、なにかしらんメンテナンスをしないと

いけないところが出てきたりします。

 
お仏壇も長年使用していますと、仏具を落としてしまったりして
傷付けてしまうことがあります。
 
そういった時、職人さんにより修理して直すことが出来ます。
 
また経年劣化により色が褪せてきたりします。
一度手を入れて頂ければ気持ちよくお使い頂けます。
 
金仏壇ですと金箔のハガレや変色などがあったりします。
 
新しいものを買うというのもひとつの考え方ですが
いままでのお仏壇を修理して大事に使用していくというのも
大切な考え方だと思います。

お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか  「お仏壇を卓上に置く」

お仏壇を卓上に置く方もいらっしゃいます。
身近に感じていたいという気持ちからでしょうか。
 
お仏壇というと仏間があって、しかるべき所に置くものという
感覚が強いと思います。
 
実際、農家さんなどは祀っているお位牌が多くありますので
それに見合った、大きいサイズのお仏壇が必要でした。
ですので、そういったお仏壇を置くスペースを確保する必要が
ありました。
 
ですが、最近は核家族化により当初からお仏壇を
用意するお家はごくまれです。
 
新しく仏様ができた時に、初めてお仏壇を用意するという
方が圧倒的に多いです。
 
住環境も昔に比べますと狭くなっております。
それに合わせて、お仏壇も全体的に小さいサイズのものが
多く製造され、また購入される様になりました。
 
また、デザインもインテリアに合うようなシンプルな
ものが多くなりました。
 
画像にありますのは扉のないお仏壇です。
 
卓上に置いても違和感がないと思います。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
時代の流れとともに供養の形も多様化して参りました。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お位牌も現代風に」

テレビを見ていましたら泳がないのですが
プールに行って写真を撮るというのです。
もっとも今は10月ですので泳いだら寒くなるのですが・・・・・

 

SNSのひとつであるインスタグラムというものに

画像をアップロードして楽しむということです。

 

たまに「インスタ映えする」という言葉を耳に致します。

 

自分自身、おじさんになったのだなぁと、つくづく感じます。

正直、楽しさを見出せません。

 

現代の流れについていけませんΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

現代と言いますとお仏壇、仏具も時代の流れとともに

変化しております。

 

お仏壇が現代風なデザインになってきたのに合わせて
お位牌も現代風なものになってきました。
 
昔にくらべてサイズも4寸から4.5寸と大きさも抑え目です。
 

 

また複数のお位牌の場合、多くなってきたときにお仏壇の中に

おさめるのが大変になります。

 

 

そういった時に回出し(くりだし)位牌というものが便利になってきます。

 

 

 

 
本体に複数枚の黒檀製の札板(ふだいた)が入っています。
それぞれの札板に名入れを致します。
 
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

 

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇のクリーニング」

10月に入りました。
考えられないような暑さからようやく解放されました。
 
学校や職場などでは衣替えがされる時期になりました。
今までお世話になった夏服をクリーニングに出すようになります。
 
お仏壇も使用していると長年の使用でどうしても汚れて参ります。
 
お仏壇をクリーニングを致しますとそういった汚れが
取り除かれますのでかなりキレイになります。
 
お仏壇のクリーニングはいかがですか。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

 

埼玉県の仏壇店のあすか 「供養する気持ち」

今日はコーヒーの日だそうです。
コーヒーというと眠気覚ましという印象が強いのですが
時々無性に飲みたくなる時があります。
 
誰にもこれは欠かせないという好みのものがあります。
お茶やコーヒーだったり、たばこやお酒だったりします。
 
皆様にも日常生活においてこれは欠かせないといったものが
おありなのではないでしょうか。
 
仏様にお供えするものも生前お好きだったものを
お供えしたりします。
 
最近はコーヒーの香りのするお線香だったり、
お酒やビールの形をしたローソクなどがあります。
 
ご先祖様を供養するということで、こういったものを
利用するのもよいのかもしれません。
 
核家族化でひとつの家におじいちゃん、おばあちゃんがいない
家が増えて参りました。
 
普段生活を共にしていれば仏事ごとを含めて生活全般の知恵を
教えてもらえますが、そういったことがなくなりつつあります。
 
今自分があるのはご先祖様があってのことだと
いう想いは忘れたくないものですね。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか  「棚まわりの低いお仏壇」

今年の8月の末に会社の倉庫を閉鎖して引っ越しをしました。
 
在庫品がありましたが移転先のお店も収納スペースが当然の
ことながら限られております。
 
限られたところにいかに上手く収めていくか、けっこう
大変でした。(-_-;)
 
また夏場だったということもあり、もう引っ越しは勘弁してください、
といった感じです。(;´Д`A ```
 
引越しといいますと、お仏壇の買替えが思い浮かびます。
 
お仏壇を買替えをする際、中にあります本尊様とお位牌を
そのまま移すのですが、お仏壇が小さいと中のスペースも
小さくなりますのでご安置出来ないということがあります。
 
従来型のお仏壇の常識ですと前回のお仏壇と同じか、それ以上の
大きいサイズのものを用意しないと移し替えが出来ませんでした。
 
 
そういった問題を解消するため、お仏壇の中の棚回りを
低くすることにより、大きい仏像やお位牌をそのまま
ご安置することが可能になりました。
 
イメージ 1
 
 
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか  「お仏壇のお供え」

上野動物園で生まれた赤ちゃんパンダの名前が決まりました。
香香」(シャンシャン)です。
 
今はお母さんの母乳で育っておりますが、ゆくゆくは
竹を食べてどんどんと大きくなっていくのでしょう。
早く一般公開されるといいですね。
 
パンダには竹ですが、お仏壇にはどの様な植物をお供えすると
よいのでしょうか。
 
お仏壇にお供えするお花は匂いのキツイものや
トゲのある花は避けて頂きます。
 
お花屋さんで販売されている仏花などが無難でしょう。
 
またお供物ですが生ものは基本的にあげません。
果物やお菓子の類になります。
 
果物は時間が経ちますと汁気を帯びてきますので
半紙などを一枚下に敷いてお供えするとよいでしょう。
 
また仏飯器(ぶっぱんき)を使用してご飯をお供えする場合
長いことお供えしておりますと乾燥してご飯が硬くなってしまいます。
 
ですので適当な時間で下げて頂きまして
ご自身で召し上がって頂ければと思います。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
仏壇のあすかの店長の日記