埼玉県の仏壇店のあすか

埼玉県のふじみ野市の仏壇店のあすかです。仏壇と仏具を販売しております。日常に感じたことを徒然に綴って参ります。

埼玉県の仏壇店のあすか 「仏具と言えば念珠でしょう」

めっきり寒くなってきました。

気が付けばもうすぐ12月なのですね。

今日も寒いので昼食はなにか温かいものにしたいと思っています。

さて、皆様は冬といったらどんな食べ物を思いつくでしょうか。

「シチュー」「お鍋」「ラーメン」などなど・・・・・

 

さて、仏具と言えばなんでしょうか。

私の場合は念珠になります。

数珠とも言います。

もともと、どれだけお経を唱えたかを数える為にある法具です。

百八つの煩悩といいますが本来は珠が108個で構成されています。

 

念珠の房にあたるところにある珠を弟子玉といいます。

弟子玉があって房の最後尾にあるのが露といいます。

わっかで構成されているところの大部分は主玉(おもだま)と

いいます。

わっかと房のつなぎ目にあるのが親玉(おやだま)になります。

わっかのところに主玉と違う小さい玉がありますが

それは四天玉といいます。

 

手で揉んだりしますのでヒモが切れたり、房がダメになったりします。

修理は可能ですので仏具店に相談されるとよいでしょう。

 

お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

http://www.butsudan-a.com/

f:id:sige123364:20171117090130j:plain

埼玉県の仏壇店のあすか 「お墓のデザイン」

カシオの腕時計Gショックが1990年代のブームを

上回る売れ方をしているそうです。

私も持っていたことがありましたが大きくて存在感のある

デザインが特徴です。

また様々なシリーズがあって見ているだけで楽しくなって

きます。

 

様々なデザインといいますとお仏壇も色々な形のものがあります。

お墓もその例外ではありません。

昔のお墓は縦長のいわゆる和形と呼ばれるものが大半でした。

最近は横に長い洋風な形が多くなってきました。

「〇〇家」と入れることが多かったですが故人が好きな言葉、

例えば「愛」とかいった字を入れる方が増えてきました。

 

また墓石の形も色々なデザインで加工することが出来ますので

生前のご趣味を反映したものにする方もいらっしゃいます。

 

お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

http://www.butsudan-a.com/

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇とお数珠」

東芝がテレビ事業を中国家電大手に売却するそうです。
東芝は最初に日本でカラーテレビを販売したこともあり
会社を代表するような部門になります。
いわば切っても切れない関係にあったものです。
 
切っても切れない関係と言いますとお仏壇と数珠もそうです。
 
お仏壇の中に数珠を入れる方は多いようです。
 
通夜・告別式などの法事の際、必要になりますので
どこにあったか探すことを考えればわかり易いところなのかも
しれません。
 
厳密に言いますと各宗派によって数珠も種類があります。
ですが、各宗派用の片手念珠でもなんら問題はありません。
 
材質は水晶や虎目石などの貴石のものや黒檀、紫檀などの
木製のものがあります。
 
最近は房の色も含めて様々な素材の数珠が出てきましたので
仏具店に行かれてご覧になったらいかがでしょうか。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「仏壇を床に置く」

朝晩と冷え込むようになりました。
我が家ではコタツを使用しているのですが
それでも間に合わない時は床置きタイプのガスファンヒーターを
使います。
 
エアコンでもいいのですが全体に上の方だけ温かくなり
床の方が温かくない感じが致します。
 
場所はとりますけれど当然のことながら下からの
送風になりますので足元が温かくなる訳です。
 
どんなものであってもメリットとデメリットがあるものですね。
 

お仏壇もその例外ではありません。

 
お仏壇は大きく分けて床から置くタイプと
タンスなどの家具の上に置くタイプと2通りあります。
 
上置きタイプは場所をとらないというメリットがあります。
ですがコンパクトになりますので当然のことながら
お仏壇の中が狭くなってきます。
 
それに対して床置きタイプのお仏壇はサイズが大き目になりますので
お仏壇の中もゆったりしたものになります。
 
また中にはいる故人のシンボルであるお位牌も大き目のものを
ご安置することが出来ます。
 
仏具も大き目になりますのでお供え物も多く出来ますし、
お花も多くお供え出来ます。
 
拝していても全体にゆったりした感じで落ち着くのだと
思います。
 
是非お仏壇はお家の中心的な存在と捉えて下さい


お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇と仏具は用意したがご飯はどうする?」

イメージ 1
 
コンビニやスーパーのおにぎりの値段があがっているそうです。
材料である業務用のお米が値上がりしているのに対応する為です。
私は特にコンビニのおにぎりは利用するほうなので困ってしまいます。
 
お仏壇をお届けした際、ご飯のお供えについてご相談を
受けることがあります。
 
基本的にはご飯は朝炊き立てのものをご自分が食べる前に
最初に仏様にお供え頂きます。
 
お供えしましたら、そのままですと乾燥してかたくなってしまします。
ですのである程度時間が経過しましたら下げて頂いてご自身で
召し上がって頂ければと思います。
 
生前パンが好物だったとか、ご飯を炊かなかったりした場合は
パンをお供えするのでもよいと思います。
 
あまり形にこだわる必要はないと思います。
 
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「仏教とお仏壇」

ご飯処の大戸屋が新米の高騰で雑穀の量を増やすそうです。
日本人の食には欠かせないお米・・・・
切っても切れない関係です。
 
切っても切れない関係というと仏教とお仏壇です。
 
仏教というとお寺がまず連想されます。
お寺の本堂を小さくしたものをお仏壇だと思ってください。
いわば、自宅にある小さいお寺といった感じです。
 
イメージ 1
 
須弥壇(しゅみだん)というものが最上段真ん中にあり、
その上に本尊様が祀られております。
 
特定の宗教を除いてそこにはお位牌は置きません。
 
亡くなられたとはいえ、ご本尊のもとで仏道修行をする身と
とらえますので2段目にお位牌を安置致します。
 
向かって右側が上座になりますので、お位牌が1体の場合は
2段目に右側に置きます。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「仏具の名称は難しい」

昨今流行りのSNSで使用される言葉で「フロリダ」といものが
あるそうです。
 
アメリカの地名で、なんでそんな言葉が使われるのかなと
思っていましたら、
「お風呂に入るから(会話から)離脱する」という
意味だそうです。
 
よくもまあ考えたものだと感心致しました。
 
入力の手間を考えたら短い方がいいに決まっています。
 
最近の傾向としてはなんでも短くするのが流行っているみたいですね。
 
さて、分からない言葉と言えば仏事ごとに関するものも
分からないものが多いと思います。
 
普段使用しない仏具の名称です。
いざなんと呼んでよいものやら検討もつきません。
 
ローソク立て、花立てはなんとなく大丈夫でしょうか。
 
茶湯器、仏飯器あたりになりますと怪しくなってきます。
 
幢幡瓔珞、打敷になりますとなんて読んでよいものやら・・・・・
 
 
 
私たちは仕事柄、使用せざるを得ないので自然と覚えていきます。
ですが一般の方は分からなくて当然なのです。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
仏壇のあすかの店長の日記