埼玉県の仏壇店のあすか

埼玉県のふじみ野市の仏壇店のあすかです。仏壇と仏具を販売しております。日常に感じたことを徒然に綴って参ります。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇の買替え」

アメリカのトランプ大統領が就任して半年が経過しました。
国内外を含めて賛否両論とならずも、反対派の方が
多いように見受けられます。
 
トランプさんが国外に工場を建てる計画を断念させた企業は
結局、現在いる従業員を大幅にリストラをしているそうです。
 
アメリカ一国主義は、現在大変な思いをされている方には
輝いてみえたのかもしれませんが・・・・・
 
ちらほらと弾劾(だんがい)という言葉がニュースの中に
出て参りました。
 
一国の指導者を選ぶのは大変なことですし、また、ダメだったら
替えなければいけません。
 
さて、お仏壇を替えるときとはどんな時でしょうか。
 
お仏壇の買替えは、お家を新築された時、お盆、お彼岸
仏様ができた時、年忌法要を契機にと、色々な時になされます。
 
お仏壇を求める時期に、特に決まりはありません。
 
先祖を大事に想う心があればよいのだと思います。
 
仏壇店に行かれる際、今現在祀っているお位牌の数と大きさ
それからご本尊の大きさを計っていくとよいかと思います。
 
当然のことながらお仏壇にも色々なサイズがありますので
今あるお位牌とご本尊が入らないといけませんので・・・・
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「仏壇の上置き型」

梅雨が明けました。
暑い日が続きます。その一方で局所的な豪雨に被害。
地球温暖化が原因なのではないかと思ってしまいます。
昔の日本の夏と違い、暑さが違います。
 
我が家ではエアコンの他に扇風機が大活躍です。
最近の扇風機は羽根が無かったり、場所をとらないスリムな
タイプが多くあります。
 
場所をとらないスリムなタイプというとお仏壇にもあります。
 
置く場所に制約がある場合は上置型のお仏壇が便利です。
今使用している家具の上に置けますので場所もとりません。
 
黒檀や紫檀で出来た従来型のお仏壇ですと重厚感、存在感が
あってお部屋が引き締まった感じになります。
 
ウォールナットやメープル材を使用した家具調仏壇ですと
下にある家具と同じような色合いになるでしょうから
違和感なくお部屋に馴染む感じになるでしょう。
 
いずれの場合もお仏壇選びで仏壇店に行く際に
置き場所の寸法、特に奥行きを計ってから行かれると
よいでしょう。
お仏壇選びがスムーズに出来ると思います。
 
地震のことが不安でしたら設置の際、お仏壇の接地部と
下の家具の間に滑り止めのシートなどを使用するとよいでしょう。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お線香」

西暦2000年の今日に2000円札が発行されました。
発行当初は話題になりましたが、意外と使いずらいということで
目にしない様になりました。
私も当初、実際手にしたいと思いましたが結局手にすることが
ありませんでした。
 
2000円札は珍しい存在となってしまいましたが
お線香も珍しいものがあります。
 
出始めはコーヒーのお線香でしたが、お菓子のサクマドロップや
ミルキーのお線香も出てきました。
 
昔はお線香というと煙が出るものというイメージがありましたが
最近は煙の少ないものがほとんどです。
 
微煙香(びえんこう)といいまして煙の少ないものに
人気があるようです。
 
また微香といいまして匂いの少ないものも出てきました。
 
このままですと煙も匂いもないお線香ということで
なんのためのお線香なのか分からなくなってきます。
 
サイズも家具調仏壇に合わせた仏具がコンパクトになりますので
最初から短いサイズのお線香もあります。
 
ちなみに今頃の梅雨時はお部屋に湿気がたまりやすいので
香炉(こうろ)にある灰も硬くなりがちです。
 
灰ならし等を使用して灰を上下にかき混ぜるようにするとよいです。
灰が柔らかくなり、空気が入ることにより、お線香の燃焼が良くなります。
 
また長期に使用すると灰の中にお線香の燃え残りが増えてきますので
定期的にお手入れをするとよいでしょう。
 
燃え残りをふるいにかける様に分別できる便利な仏具がありますので
利用してください。
 
仏具店で販売されてますので覗いて下さい。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「仏具の名称」

普段目にすることがない仏具ですが、それの名称というと

独特の表現になりますので分からないのが当たり前だと思います。

 


ざっくりとした言い方になりますが共通のものですと

花立、火立て、香炉、玉香炉、茶湯器、仏飯器、線香差し、

マッチ消し、といったところでしょうか。

 


いわゆる具足と私たちが言っているものです。

 


その他に吊灯篭、瓔珞(ようらく)、輪灯(りんとう)、おりん

といったものが含まれてきます。

 


最近は家具調のお仏壇が多く利用されるようになりましたので

今、申し上げました仏具より、数はグッと減ります。

 


家具調仏壇の場合、ダウンライトまたはLEDライトなどが

標準装備されてますので吊灯篭は不要ですし、瓔珞、輪灯の

類(たぐい)はまず使用しません。

 


従来型の黒檀や紫檀のお仏壇ですと仏具を増すことによって

より中の飾りが重厚になり、豪華さが増しますが、家具調仏壇を

選択するお客さまはシンプルなことを好みます。

 


ですのでなるべく中の仏像やお位牌にしても飾りの付いていない

スッキリしたデザインのものを選ばれます。

 


お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

http://www.butsudan-a.com/

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇のセール」

街中を歩いているとき、「セール」という文字が躍っていると
なにが売られているのかな、と思わず覗き込んでしまいます。
 
今の時期ですと、さしずめ「夏のセール」といったところでしょうか。
 
20%オフ、30%オフとなるとドキドキしてしまいます。
 
お仏壇のセールといいますと「お盆セール」や「お彼岸セール」が
思い浮かびます。
 
各お仏壇店が通常の販売価格より割り引いた金額で
販売されます。
 
期間限定でされることが多いので普段からチェックされるとよいでしょう。
 
昔は新聞の折り込みチラシを主体としてされてきましたが
最近はネット上で展開される様になりました。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「骨壺」

昔は白い車が多かったです。
 
最近はアース・カラーに始まりピンクといった様々な色の車が
走っております。
 
ちなみに私はシルバーの軽自動車に乗っております。
 
仏具にも白地で無地のものがあります。
 
骨壺です。
 
昔は白地で無地の陶器製の骨壺が一般的でしたが
最近は色々な模様が施されたものもあります。
 
また素材も木製だったり、金属製だったりして
様々なものが製造、販売されております。
 
手元供養という流れで、お骨をお墓に収める一方で
分骨したお骨をミニサイズの骨壺に収めて自宅で
ご供養される方もいらっしゃいます。
 
祀り方は様々でお仏壇の中に入れる場合もありますし、
それとは別にオープン仕様のボード状のものに
お写真と一緒に飾られることもあります。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「念珠」

7月に入って気温、湿気ともに高く、食中毒が気になります
 
ポイントになるのが調理で使用されるまな板です。
生鮮品を加工した後、充分に洗浄しないと菌が繁殖して
危ないです。
 
そんな時には食材によって、まな板を使い分けることです。
抗菌仕様ですとより効果的です。
 
使い分けといいますと念珠も、季節や使用する場所によって
使い分けをする方がいらっしゃいます。
 
念珠を使用する時は毎日の朝晩のお勤め、法事の時などです。
 
各宗派用といいまして、片手用の数珠でしたら宗派を問わず
ご利用出来ます。
 
一般には数珠の珠が大きいのが紳士用になります。
珠が小さいのが女性用になります。
 
宗派別にこだわりたいということでしたら
曹洞宗用、浄土宗用、浄土真宗用、天台宗用、日蓮宗
真言宗用、臨済宗用とあります。
 
材質は大きく分けると2つになります。
黒檀、紫檀などのいわゆる木製になります。
いまひとつは、水晶、オニキス、虎目石などの貴石の類です。
 
色や房のデザインなど、お好みのものを選ばれるとよいでしょう。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
仏壇のあすかの店長の日記