埼玉県の仏壇店のあすか

埼玉県のふじみ野市の仏壇店のあすかです。仏壇と仏具を販売しております。日常に感じたことを徒然に綴って参ります。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇の価格っていくら位するの?」

昨日テレビのバラエティ番組を見ていましたらタレントさんが
食堂で¥500のカツカレーを食べていました。
 
東京にあるその食堂は80歳を超える女性が切り盛りして
います。
 
「それにしても、このボリュームでこのお値段は安い!」
と思いました。
 
¥1,000を超えても決しておかしくないものでした。
 
さて、普段接することが多い食料品や日用品は
新聞の折り込みチラシ等でよく目にするので
なんとなく価格がどれ位か分かります。
 
その一方で普段意識することがないお仏壇。
いくら位するのか見当もつきません。
 
大きさ、それからどれだけ天然杢を使用しているかによって
価格がある程度決まってきます。
 
ぱっと見た感じは印刷仕上げのものか、あるいは薄い突板が
使用されているのか、または厚い突板(つきいた)が使用されて
いるのか判断がしずらいです。
 
特に初めてお仏壇を買おうとする方は分からないと思います。
 
今現在業界全体で、お仏壇の品質表示をしようという流れに
なってきています。
 
芯材(しんざい)はなんなのか、どんな材質の突板が使用されているのか
国内で生産されたものか、あるいは海外で作成されたものなのか、と
いったことです。
 
「小さいお仏壇なんだけどなんで高いの?」とご質問を受けることが
あります。
「黒檀(こくたん)の厚い突板が使用されているからです」と私。
 
また一方で
「こちらのお仏壇は大きいけれどなんでお安いの?」とご質問を
受けることがあります
 
「(本物の)天然杢が使用されておらず印刷仕上げなのでお安いのです。」と私。
 
最終的にはその仏壇店を信用するか、しないかといったことに
尽きます。
 
海外製のもので小さいものであれば数万円からあります。
 
中国から始まり、タイ、カンボジアといったところに生産の
拠点が移行しています。
 
海外の人件費の高騰で安いところ、安いところと追い求めた
結果です。

お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
仏壇のあすかの店長の日記