埼玉県の仏壇店のあすか

埼玉県のふじみ野市の仏壇店のあすかです。仏壇と仏具を販売しております。日常に感じたことを徒然に綴って参ります。

埼玉県の仏壇店のあすか 「仏具ってどんなものが必要なの?」

土日は今年一番の暑さになるそうです。
熱中症に気を付けたいところです。
 
熱中症対策に必要なものはなんといっても水分と塩分
それから空調の整った環境。
 
さて、必要なものと言えば新たにお仏壇を購入するに
あたって必要なものはどんなものがあるでしょうか。
 
ご自身の宗派(曹洞宗真言宗、浄土宗‥)に沿った
ご本尊がまず必要になってきます。
 
それは仏像であったり掛け軸だったりします。

お仏壇の最上段の中央に安置しますが置く場所の寸法に

あわせたものを用意致します。
 
仏像の場合、素材がヒノキだったり、ツゲだったり白檀だったり
します。
同じ大きさでも材質によってお値段が違ってきますので
仏具店で確認されるとよいかと思います。
 
それからお位牌です。
 
新仏さんですと四十九日の法事の際必要になりますので
それに間に合う様に作成致します。
手彫り、機械彫り、手書き、機械書き、と文字入れの方法も
色々とありますので見本をご自分の目で確認してください。
 
お位牌の場合も大きさが様々ありますがお仏壇の大きさと
バランスを考えて用意いたします。
 
手彫りは3週間位時間がかかりますが他の機械彫りなどですと
1週間から10日程で文字入れが可能です。
 
次に必要な仏具はいわゆる具足(ぐそく)になります。
 
内訳はお水、ご飯をお供えする茶湯器、仏飯器です。
 
それからローソク立て、花立、香炉(お線香焚き)になります。
 
お供物をお供えする三宝(さんぽう)、それから「チーン」と
鳴らすおりんです。

 

お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

仏壇のあすかの店長の日記