埼玉県の仏壇店のあすか

埼玉県のふじみ野市の仏壇店のあすかです。仏壇と仏具を販売しております。日常に感じたことを徒然に綴って参ります。

埼玉県の仏壇店のあすか 「仏具という用品」

昨日の埼玉は気温37度の酷暑でした。
今日は6度下がって31度の予想です。
ジェットコースターでグーンと上がって一気に下がってという感じです。
やや夏バテ気味です。
 
店頭に立っていますとお客様より
「お水をお供えするもの」とか「金色の花をちょうだい。」と
言われることがよくあります。
 
仏具の名称というものは分からないですし
当然のことながら、その様になります。
 
普段聞きなれない言葉になります。
 
名称も独特で、吊灯篭、瓔珞、仏器膳、茶湯器、仏飯器、高月、具足
経机・・・・などなど。
 
パッと見た時にどう読むのか迷う言葉があるかと思います。
 
基本的にはその宗派(曹洞宗真言宗天台宗・・・・など)
に合わせたもので飾りつけをするお仏壇、場所などに
合わせて仏具の大きさを調整します。
 
最近は家具調仏壇が多く利用されるようになりました。
それに合わせて仏具の形状、色などが多様化しております。
 
従来型の唐木仏壇に付ける仏具とは異なり、購入されるお客様の
好みに合わせて、仏具が選別されるようになりました。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
仏壇のあすかの店長の日記