埼玉県の仏壇店のあすか

埼玉県のふじみ野市の仏壇店のあすかです。仏壇と仏具を販売しております。日常に感じたことを徒然に綴って参ります。

埼玉県の仏壇店のあすか 「仏壇の引越し」

ご来店されるお客様で
 
「今ある場所から違う部屋にお仏壇を移動したいのだけど
どうすればいい?」
 
と、ご質問を頂くことがあります。
 
「けっこう重たいですからお一人ですと大変ですよ。」と私。
 
「大丈夫。力には自信があるから。」とお客様。
 
大丈夫そうですので気を付けるポイントをお話しさせて頂いて
お客様は帰られました。
 
お仏壇の引っ越しですが重量がありますので
ご自身のケガを含めて気を付けて下さい。
 
従来型の黒檀や紫檀でできたお仏壇ですと
本尊様や脇本尊を祀っている最上段のところに香欄(こうらん)という
囲いの飾りがあります。
固定されているものもありますが、手で持って外せるようでしたら
外してください。
 
それから一番下の段の中央に猫戸(ねこど)と呼ばれる
小さい引き戸があります。
左右にスライドしますので動かない様に紙テープ等で固定します。
 
吊灯篭や瓔珞(ようらく)など天井から下がっている飾り物があれば
配線などを分解して外して頂きます。
 
最後に隠し(かくし)の引き出しや取り外しのできる飾りがあれば
全部外してもらいます。
 
終わりましたら障子戸、大戸の閉めて頂きますが、左右の合わせ目に
傷が付かないように新聞紙など薄い紙をあてがって頂きます。
 
大戸が開かない様にヒモでしばって頂きます。
 
お仏壇の場合、天地がひっくり返ると良くありませんので
上下が分かる様にして下さい。
 
恐らく、お仏壇だけの引越しというのは、そうそうないでしょうから
引越しの際に業者さんに一緒にしてもらうというのが多いでしょう。
 
引越しの業者さんも心得ているでしょうが先ほど述べたポイントが
守られているか、見る余裕があったらチェックしてください。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
仏壇のあすかの店長の日記