埼玉県の仏壇店のあすか

埼玉県のふじみ野市の仏壇店のあすかです。仏壇と仏具を販売しております。日常に感じたことを徒然に綴って参ります。

埼玉県の仏壇店のあすか 「納骨堂」

空き家対策で自治体によっては、条件を満たせば格安な家賃で
家を提供するそうです。
その一方で相続対策でアパートなどの集合住宅がどんどん
建設されているそうです。

家の形態は、一戸建ての家からマンションに見られるような
集合住宅へと変化して参りました。

この流れはお墓に代表される供養業界に起きております。
納骨堂のお墓です。
 
特に都市部などで、屋外ではなく屋内でロッカー式に
代表される様なです。
または屋内に墓石を置くタイプがあります。
 
交通の便がよくお参りがしやすいところにあります。
 
屋外にある従来のお墓に比べますと狭い印象がありますが
その分、維持管理費が比較的お安く設定されております。
 
せっかくお墓を作っても遠いとお参りが大変で足が
遠のきがちになります。
 
その点、納骨堂であればアクセスがラクですし、
屋内ということで天気に影響されずにお参り出来ます。

時代の流れでこの様なタイプのお墓が増えていくことが
予想されます。

お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
http://www.butsudan-a.com/

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇のカタログ」

信販売が盛んになり、配達もその日のうちになされるという
大変便利な世の中になりました。


パソコンの画面やカタログで判断して、お金の決済もカードで
済まされるという、自宅に居ながらにして買い物が出来ます。


ただ、それは有名メーカーのもので、型番などがハッキリしていたものに
限られると思います。


加えて価格もある程度のもので、あまり高価格帯のものでは
通販で買い物はしないでしょう。


カタログでの購入と言いますと、お仏壇もカタログを参考資料として
購入を手助けするツールとして使用することがあります。

お仏壇のカタログには、寸法、生産地、芯材、使用されている材料などの
記載がされております。

カタログはひとつの目安であって、実際には店頭に足を運ばれて
品物を見ることをおすすめ致します。


照明や機材を使用して忠実に色などを再現致しますが
実際見るとやはり異なります。


またお仏壇本体のみの画像が大半で、中に仏具を入れると
見た印象が異なってきます。

お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
http://www.butsudan-a.com/

埼玉県の仏壇店のあすか 「盆提灯」

キリンとサントリー同性婚を容認致しました。
多様な人材を確保する目的もあり、それから時代の流れなのでしょう。
ひと昔前までは異端視されておりましたがLGBTという言葉が
出来た通り、ごく当たり前というか自然に受け止められております。
 
時代の流れと申しますとお盆の時に使用するお盆提灯も
変化しております。
 
昔は丈のある大きなものがよく購入されておりましたが
最近は小振りというより、むしろミニサイズのものが
よくご利用されております。
 
デザインも色々とありますので、ご自分の好みのものを
選ばれるとよいかと思います。
 
埼玉では8月のお盆が大半です。
 
8月13日にお墓参りに行きましてお線香をあげて頂きます。
その際、使用した火をお迎え用提灯に移して、自宅まで帰ります。
 
車での移動などで実際に火を使用すると危ないので
電気(電池)式のローソクを使用します。
 
玄関先で素焼きの皿(ほうろく)でオガラを燃やして頂きます。
いわゆる迎え火です。
 
新盆の場合は、白い提灯を玄関先等に下げて頂きます。
加えて、柄の入った提灯を盆だなの脇や、あるいは天井から
下げて頂きます。
 
大きく分けて据え置き型のものと天井等から吊下げるタイプと
2種類あります。
 
時期間際になりますと職人さんも忙しくなりますので
家紋や名入れが必要なものは早めにご注文された方が
よろしいでしょう。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「仏壇の種類」

コンビニエンスストアを準公共施設にする、というニュースが
流れておりました。
大きな震災が起きた時などに機能する、というものらしいです。
 
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートは知っておりましたが
出店するストア名を見て、その数の多さに驚かされました。
 
色々とあると言えばお仏壇にも種類があります。
 
種類は大きく分けて2つに分かれます。
上置型と申しまして、現在使用されている家具の上に置くタイプです。
いまひとつは下台付きと申しまして、床(タタミ)にじかにものです。
 
上置き型からさらに2つに分かれます。
従来型の唐木仏壇と家具調仏壇です。
 
下台付きも同じ様に従来型と家具調の2つに分かれます。
 
時代の流れでしょうか。
最近は壁掛けのお仏壇や車輪の付いた移動型のお仏壇も
出て参りました。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「モダンなお仏壇はミニサイズが人気!」

以前は排気量の大きいエンジンを積んでいる車に人気がありましたが
最近は、環境に配慮した低排出ガスのエコカーに人気があります。
車体もミニ化しており、軽自動車も需要が増えております。
 
お仏壇もミニ化しております。
 
従来型のお仏壇よりもモダンなデザインのお仏壇。
扉を閉めるとお部屋のインテリアに馴染む家具調のお仏壇が
多く購入される様になりました。
 
下から置くタイプも人気がありますが、ここ最近になって
ミニサイズのお仏壇の需要が増えて参りました。
 
価値観の変化と申しましょうか、あるいは経済的な理由が
考えられますが、サイズの小さいものの購入がジワリジワリと
増えている様な気が致します。
 
サイズが小さいと、中に入ります仏具、本尊様、お位牌も
ミニサイズになってきますので、お仏壇本体を含めた
購入額を抑えることが出来ます。
 
以前はどんなに小さくても16号(高さが48cm)のお仏壇という
思いがありましたが、今日に至っては12号、14号(高さが42cm)
でも大丈夫と思う様になりました。
 
お客様宅に配達する身としましては、重量がないので
ラクなのですが、なにか釈然としません(笑)
 
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇とお位牌」

日本の食卓に欠かせないのがご飯とノリ。
旅館などの朝食の風景には必ずと言っていいほど
あるものです。
 
このノリがここ最近値上がりをしているそうです。
海水温の上昇や製造業者の高齢化などが主な原因だそうです。
 
仏事ごとでも欠かせないものがあります。
お仏壇とお位牌です。
 
お仏壇はいわば、お寺の本堂と同じで極楽浄土を具現化したものです。
 
亡くなられたとはいえ、本尊様のもとで仏道修行をしている身と
とらえますので、お仏壇の最上段ではなく、2段目のところにお位牌を
ご安置して頂きます。
 
向かって右側が上座になりますので、お位牌が1体の場合は
2段目の右側に置いて頂きます。
 
お仏壇のサイズによって、お位牌の大きさが異なってきますので
仏壇店などでご相談なされるとよいでしょう。
 
宗派によっては、例えば浄土真宗の場合は、一般的には
お位牌を用いないで、過去帳もしくは法名軸(ほうみょうじく)に
名入れしてご供養して頂きます。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇の鐘」

東芝はアニメの「サザエさん」のコマーシャルを継続するそうです。
関東の私には日曜日の夕方は「サザエさん」を見るというのが
なかば習慣化していました。
サザエさんイコール東芝というイメージが強いです。
いわば切っても切れない関係といった感じでしょうか。
 
切っても切れない関係というとお仏壇と鐘もそうです。
 
お仏壇の鐘は、私たち仏壇店のものは「りん」と呼んでいます。
ぐに頭に浮かぶのは昔ながらのおわん型のおりんです。
 
見た目は皆同じですが、りん棒を使って叩いて見ますと
それぞれ音色が異なります。
 
使用されている材料の配合によって、音色が変わってきます。
 
実際購入される際は、音色を確かめられた方がよいかと思います。
 
最近は家具調仏壇が多く購入される様になってきましたので
それに合わせるように、りん棒が自立したり、様々な色のおりんが
製造されるようになりました。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
仏壇のあすかの店長の日記