埼玉県の仏壇店のあすか

埼玉県のふじみ野市の仏壇店のあすかです。仏壇と仏具を販売しております。日常に感じたことを徒然に綴って参ります。

埼玉県の仏壇店のあすか 「神具」

神棚または祖霊舎に使用する神具は神鏡、洗米皿2つ、榊立て、水玉
かがり火、お神酒徳利が必要になってきます。
 
材質は陶器製のものがほとんどですが、金属製のものもあったりします。
 
海のもの、山のものをお供え致しますが
桧(ひのき)製の三宝使用致します。
 
照明には神前灯篭を使用します。
電気式と電池式の2通りのものがあります。
 
勘違いしがちですが神棚は神社で頂くお神札(おふだ)をお祀りし、
御霊代(みたましろ)は祖霊舎にお祀りして頂きます。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「小さいお仏壇の価格」

昭和の時代はブラウン管のテレビを写りが悪いと
本体を叩いて見ていました。
 
チャンネルの部分が消耗しやすく、ゆっくり丁寧に回していました。
 
また屋外アンテナでない場合、部屋の中で色々な向きにアンテナを
動かしていました。
 
今から考えるとものすごく不便な環境でした。
 
今は液晶パネルの地デジのテレビ。
離れたところからリモコンで選局しています。
 
画面も横長で大きくなりました。
映画やスポーツ観戦するには最適です。
 
テレビは時代を追うごとに大型化する傾向にあります。
 
逆に小型化するのはお仏壇です。
 
小さいお仏壇はお値段にすると¥5万円~¥6万円と
いったところでしょうか。
 
サイズは12号~14号(36cm~42cm)のものになります。
 
仏具は別売りになります。
 
ご飯、お水、火立て、香炉、花立などの仏具セットは
1万~3万円になります。
 
材質は陶器だったり、真鍮(しんちゅう)だったりします。
 
これとは正反対に、黒檀や紫檀の無垢製のものになりますと
 
たとえ小さいサイズのお仏壇であっても100万円以上の
ものになってきます。
 
小さいお仏壇も家具調のもので、材質にこだわらないのであれば
比較的に安価で購入出来ます。
 
天然杢の無垢材を使用したものですとお値段が高額になってきます。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
http://www.butsudan-a.com/

埼玉県の仏壇店のあすか 「インテリアのようなお仏壇」

国内総生産が年1.0パーセント増に下方修正されました。
アベノミクスで景気はよくなっているといいますが、その実感は
ありません。
大企業は調子がよいのかもしれませんが中小の企業のところまで
いきわたってはいないのが実情だと思います。
 
経済を予測することは難しいですが、今後どの様なお仏壇が
トレンドになるかと予測することも難しいです。
 
ひと昔前までは黒檀や紫檀でできたお仏壇は彫刻が多く
お部屋に置いていても、他の家具と異なり、独特な存在感がありました。
 
色も他の家具と異なり、黒い黒檀だったり、赤い紫檀だったりします。
 
置く場所も仏間だったりしまして、特別な祈りの空間だったりします。
 
その一方で核家族化が進み、仏壇のないお家で、新たに購入が
検討されますと仏間がないことが多いですので、日常生活をする
空間に置くことになります。
 
自然と従来型の唐木仏壇ではなく、部屋のインテリアに馴染む
家具調のお仏壇が増えていきます。
 
また住空間が昔にくらべますと狭くなってきてますので
サイズの小さいものがよく購入される様になりました。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「仏壇の金額」

先日インスタントラーメンを買いに行きました。
体にあまりよくないことを承知しつつも塩味のものと
飲み物も一緒に購入しました
 
その時に思ったのは少し前よりジワリと金額が上がっていることでした。
 
食料品などは普段から買うものですので価格の動向には
敏感にならざるを得ません。
 
かたや、普段意識することが少ないお仏壇の金額・・・・。
 
新聞の折り込みチラシを見てみると「処分特価!」「激安!」と
いった文字が躍っています。
 
一番安いのは¥1万円とか¥2万円とか・・・・
高いのを見ると胴巾が3尺(90cm)もある大型仏壇で¥300万円!とか
なっております。
 
金額の開きにびっくりして、混乱してしまいます。
 
気を取り直してスマートフォンで「仏壇」と検索。
黒檀、紫檀でできた唐木仏壇、家具調スタイルのモダンな仏壇・・・・・
 
あまりの種類の多さに、またも混乱・・・・・・・
 
「そういえば位牌を四十九日に間に合わせなければいけないし、
位牌も選ばなければ!」
 
お仏壇の置く場所を決めて頂いて、それから、ご予算に合わせたものを
検討していく様な流れが自然かと思います。
 
悩ましいのは同じ大きさのものでも価格が極端に言えば
2倍も違うお仏壇もあります。
 
お仏壇の金額を決める、大きな要因は、そのお仏壇に使用されている
材料に天然杢(てんねんもく)をどれだけ使用しているのか、といった
ことがあげられます。
 
業界内の取り組みで、最近はお仏壇の展示の中に品質表示というものが
なされております。
 
俗に言います、「張り」、「無垢」、あるいは「練り物(ねりもの)」という
表現になります。
 
本物の天然杢をどれだけ使用されているか、こちらがポイントになります。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「ミニな仏壇はお安い」

卓球世界選手権で日本にメダルが多くもたらされました。
暗いニュースが多い中、久々の明るい話題です。
卓球と言いますと他の球技にくらべますと小さいサイズの
球を使用したスポーツです。
 
小さいと言いますとお仏壇も小さいサイズのものが
どんどんと製造されるようになりました。
 
最近はミニ仏壇の需要が増えつつあります。
大きさでいうと高さが36cm、42cmといったものです。
私たちがいうところの12号、14号のお仏壇です。
 
家具調仏壇の形態をとっており、仏像またはお位牌が
入るように棚回りを低くしており、須弥壇まわりが取り外しが
出来るようになっております。
 
外せることにより、多少大き目の仏像またはお位牌が
ご安置出来るようになります。
 
コンパクトで材料も安価なものを使用しておりますので
お値段も5万円から6万円とお安くなります。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「仏壇はコンパクトでモダンな方がいい?」

6月にしては高い気温で、大気が不安定で各地で局所的な
豪雨が観測されております。
 
まさにバケツをひっくり返し様な勢いで、予想もしずらいようです。
 
ゲリラ豪雨までいかないですが、お仏壇をとりまく環境も
変動が激しくなっております。
 
最近のお仏壇は場所をとらないものが多く購入されております。
 
デザインも昔ながらの彫刻が入った黒檀や紫檀のお仏壇ではなく
モダンな家具調仏壇が多くもとめられております。
 
生活の空間におけるお仏壇の意味合いといったものが
供養されるご家族の考え方といいましょうか、価値観が
年々変化しているような気が致します。
 
ひと昔前までは一家の中心にある祈りの場といった感じでした。
 
現在に至っては、日常生活の延長線上にあるもので、それだけが
 
突出しないほうがいいといった感じです。
 
ですので現在ある家具の大きさのバランスを考えて、それと
同じ色調のもので考える方が増えております。
 
置き場所をとりませんので壁掛けのお仏壇だったり
あるいは奥行きのないものも好まれます。
 
見方を変えて考えますと、特別な存在というよりも
より日常的で身近のものといった感じでしょうか・・・・
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
http://www.butsudan-a.com/

埼玉県の仏壇店のあすか 「かっこいいデザインのお仏壇」

テニスの全仏オープンで錦織選手が3年連続、3回戦の進出を
達成致しました。
 
錦織選手といえば「エアー圭」です。
空中に浮かびながら打つショットです。
テニスの知識がない私ですが、見ていてかっこいいです。
 
かっこいいと言えばかっこいいお仏壇もあります。

昔ながらの従来型の黒檀、紫檀のお仏壇もデザインが
もちろん大事でした。
最近は特にシンプルでスタイリッシュなデザインの
お仏壇が流行しております。
 
色々と飾りものがあるとお手入れが大変だという先入観があったり
威圧感があって怖いということで簡素な造りを好む方が
多くなって参りました。

お仏壇のメーカーによっては、別にデザイナーさんにお願いして
作成しているところもあります。
 
時代家具の金具を採用したり、素材を木材以外のものにもとめたり、と
サイズ、デザイン、価格が多種多様になっております。
 
購入されるお客様として選択肢が増えていいのですが
見方を変えてみますと、あまりに多くて迷ってしまう
のではないかと思ってしまいます。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
http://www.butsudan-a.com/
仏壇のあすかの店長の日記