読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

埼玉県の仏壇店のあすか

埼玉県のふじみ野市の仏壇店のあすかです。仏壇と仏具を販売しております。日常に感じたことを徒然に綴って参ります。

埼玉県の仏壇店のあすか  「モダンな仏壇」

昨日、スーパーに買い物を行きましたら、お惣菜のコーナーに
モダン焼きとうたっているものが並んでいました。
 
聞きなれない名前に「うん?」と思わずのぞき込んでしまいました。
要は焼きそばをはさみこんだお好み焼きみたいです。
 
昼食をもとめにお弁当を買いに行ったのですが
結局はそのお好み焼きを買ってしまいました。
 
焼きそばが入っている分ボリュームがあって大変おいしく
食べさせて頂きました。
 
ひと昔前までは彫刻を全面に押し出した従来型のお仏壇が大半でした。
ですが最近はモダンなデザインのお仏壇が増えて参りました。
 
画像にありますのは国産のお仏壇で、材質はウォールナット
使用しています。
 
扉が個性的で四角い穴が施されています。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
 

f:id:sige123364:20170405124251j:plain

埼玉県の仏壇店のあすか 「可愛いお仏壇」

埼玉県の桜の花も満開に近い状態です。
いつ見ても桜はいいですね。キレイですし、心が和みます。
ピンク色で可愛らしいです。
 
お仏壇にも可愛らしいデザインのお仏壇があります。
お仏壇に桜の花の絵が所々に装飾されています。
ひと昔前までは彫刻を全面に押し出した重厚なデザインの
お仏壇が重宝されました。
 
ですが最近はシンプルでモダンなデザインのお仏壇が
主流となってきました。
 
画像にありますのは海外製のお仏壇です。
いわゆるプリント(印刷仕上げ)のお仏壇です。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

f:id:sige123364:20170403090014j:plain

埼玉県の仏壇店のあすか 「仏壇が販売されるまで」

ひと昔前までは近くの八百屋さんや肉屋さんといった専門店、
あるいはスーパーで買い物をしました。
ですが最近はコンビニがあちらこちらにありますので買い物には
不自由しない時代になりました。


お仏壇を買うには専門店での購入が多いと思います。


お仏壇が販売されるまでの流れをざっとになりますが
書き出して参ります。


黒檀または紫檀といった、いわゆる唐木材(からきざい)は
日本で採取されるものではありません。


海外で伐採されたものを日本に輸入します。
木地は時間の経過によって収縮しますので屋外である一定期間
乾燥させて木地を落ち着かせます。


それが済むと機械である程度の大きさに裁断されます。


各々のパーツに加工され、表面が研磨され、下地塗りがされ、
組立がされます。


最後の塗装は、ある程度の経験を積んだベテランの職人さんが
作業をしていきます。


乾燥が済みましたら検査の担当の人が不具合がないか検品を
して、それが済むと梱包がなされます。


ざっとになりますが、一連の作業が終わって、初めてお客様のもとに
届けられます。


時系列で見ても結構な時間が投入されてお仏壇が出来上がっている
ことが分かります。



お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
http://www.butsudan-a.com/

埼玉県の仏壇店のあすか 「激安なお仏壇」

吉野家さんが期間限定で牛丼の並盛が300円で販売されるそうです。
デフレと言われて久しいですが、特に外食産業は大変だということが
伝わってきます。
 
新聞の折り込みチラシを見ていて思わず、私自身も思わず「安い!」と
思ってしまう激安なお仏壇があります。
 
ただよくよく調べてみるとお店での展示期間が長かった為
お店側の理由で処分特価となっていたりします。
 
あるいはなにか特別な理由で激安なお仏壇だったりします。
 
当然のことながら時間が経過しますと新品のお仏壇と違い
留めワレ、変色等の難が生じがちです。
 
またお仏壇もデザインの新旧がありますので古いデザインの
お仏壇はお安く販売されがちです。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「安いお仏壇」

格安旅行会社のてるみくらぶの経営破たんがニュースで
報道されています。
 
お金を振り込んだ顧客が旅行に行けなかったり、また旅行先で
二重の支払いを強いられるといった大変なことになっています。
 
お安いの確かに魅力的ですが、こういったことがあると
ちょっと考えてしまいます。
 
お仏壇にもお安いものがあります。
価格は2万円前後といったところでしょうか。
もちろん、お仏壇本体の価格で仏具は含まれていません。
 
海外で作成されたもので、天然杢(てんねんもく)の突板(つきいた)が
使用されていない印刷仕上げのものだったりします。
 
大きさは12号(高さが36cm)とサイズもコンパクトなものです。
 
当然のことながら中のスペースが小さいですので中に
安置して頂く、お位牌も小さいものになります。
 
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇の台」

東芝がアメリカにある原発関連の子会社に破産法を申請するそうです。
 
東芝と言えば大きなブランドで私も中学生の頃買ったラジカセも
東芝のものでした。
 
会社の土台がどうなってしまうのかと他人事ながら考えてしまいます。
 
土台というとお仏壇にも専用の台があります。
 
お仏壇には下台付き仏壇と上置仏壇と大きく2つのタイプがあります。
 
下台付き仏壇はそのままフローリングまたはタタミの上に
直接置いて頂きます。
 
上置仏壇は高さがおおよそ30cm前後から84cmのお仏壇を指します。
そのままフローリングまたはタタミには置けません。
 
基本的には正座した際、本尊様、お位牌がご自分の目線より
上に向くのが理想的とされています。
 
現在使用されている家具の上に置いて頂いても大丈夫です。
また、新たに家具を用意して頂いて、その上に置いて
頂ければと思います。
 
また家具ではなくて、仏壇を置く専用の台というものも販売されています。
 
一般的には引き出しまたは引き戸の収納となっており、
比較的大き目な収納スペースになっています。
 
下の台は仏様に関する品物、例えば、お線香やローソクまたは
お盆提灯をしまっておくところとして使用すると良いかと思います。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇の値段」

私の朝食はもっぱらパンではなく、米飯なのですが、その時に
欠かせないのがお漬物です。
即席の浅漬けをよく作ったりします。
 
先日、スーパーで大根を買おうとしたら150円となっていました。
以前は100円前後だったのに値段が上がっているなぁーと思いました。
 
お仏壇の値段というと一般的にはお仏壇本体の価格を指す
場合が多いです。
 
ただお仏壇本体だけでは足りなくて、お花をお供えする花立、お線香を
焚く香炉、ローソク立てなど仏具が必要になってきます。
 
お仏壇本体と付属の仏具の合計のお値段を考えないといけません。
 
新聞の折り込みのセールのチラシを参考にする際は、そのお仏壇には
付属の仏具が含まれているかチェックした方がよろしいでしょう。
 
お仏壇本体がいくらお手頃のお値段でも仏具のお値段を合計したら
かえって高額になってしまったということが起こりかねないからです。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。
仏壇のあすかの店長の日記