読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

埼玉県の仏壇店のあすか

埼玉県のふじみ野市の仏壇店のあすかです。仏壇と仏具を販売しております。日常に感じたことを徒然に綴って参ります。

埼玉県の仏壇店のあすか 「仏壇を買う時期」

もうすぐ4月。
ぴかぴかの1年生のランドセルがまぶしいです。
 
私の頃は男の子が黒、女の子が赤と2色しかありませんでした。
ですが最近はカラフルに色々なものがあります。
 
親御さんが買ってあげる場合もありますし、おじいちゃん、おばあちゃんが
買ってあげる場合もあります。
 
ランドセルのCMは前の年の冬あたりから放送されているみたいです。
 
お仏壇を買う時期はいつなのでしょうか。
 
一般的には春、秋のお彼岸と夏のお盆に買うというイメージかと
思います。
 
ですが基本的にはその時期に買わなければいけないということは
ありません。
 
家をご新築された時に仏様のお家も新しくされることもあります。
引っ越しを機に買い換える方もいらっしゃいます。
新たに仏様ができてお仏壇を購入される場合もあります。
 
この時期に買わなくてはいけないことはありませんので
思い立った時に購入して頂ければと思います。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

埼玉県の仏壇店のあすか お仏壇と宗派

「お仏壇と宗派は関係あるの?」とお客様より尋ねられることが
あります。
また
「仏具と宗派は関係あるの?」と言われることがあります。


仏壇と宗派は関係あるのかというと、厳密に言いますとあります。
ですが、現在はあまり気にする必要がありません。
浄土真宗の場合、黒檀や紫檀を使用した、いわゆる唐木仏壇よりも
漆塗りに本金箔を使用した金仏壇が推奨されることがある程度です。


ことに最近は家具調のお仏壇が多くご利用頂いております。
お仏壇の造り自体が大きく変化しておりますので、仏具を含めて
宗派に関してあまり気にされる必要がないかと思います。


ただ、ひとつ注意されたい点があります。
お世話になるお寺によっては、同じ宗派でもお仏壇に祀る本尊と脇本尊が
異なる場合があります。
仏壇店などにご相談なされるとよいでしょう。


お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。こちら。
http://www.butsudan-a.com

埼玉県の仏壇店のあすか 小さいお仏壇

家の周りに植えたハーブが緑の葉をたたえて大きくなってきました。

考えてみれば、暦も2月が終わろうとしています。
もうすぐ3月です。

気のせいか年齢を重ねますと、月日の移ろいが早く感じられます。これから草木が緑色に芽吹いてきます。人に限らず植物が成長する様を見るのも楽しいものです。


お仏壇はというと、だんだんと小さく
進化しております。
昔は大きい程よいという感じでしたが、最近は小さい程良いとなり逆転現象が起きております。


究極的には壁掛けのお仏壇が出てきましたので
まさに場所をとらない、小さいお仏壇です。


ただお仏壇が小さくなると中に入る、お位牌や仏具も必然と小さくなります。


ですので個人的な感想になりますが少々寂しい感じが致します。


お仏壇を大きく分けますと台付き仏壇と上置き仏壇と2つに分けられます。


台付き仏壇とは文字通り、フローリングやタタミの上に置くお仏壇です。


上置き仏壇とは現在使用しているローボードや家具の上に置くタイプのお仏壇です。


スペースを確保出来ないとなると上置き仏壇がおすすめです。


お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。こちら。
http://www.butsudan-a.com

埼玉県の仏壇店のあすか お仏壇のリフォーム

テレビでハウスメーカーのCMがよく放送されて
いますがそれと同じくらいリホームの宣伝が
されております。

新しく建築するより、既存のお家をキレイにした
ほうが費用を抑えてできることも大きな魅力と
言えましょう。

お仏壇のリホームも実はあります。
永年の使用で傷ついたところを直したり
塗装が劣化したところを塗装し直したりして
全体的にキレイにします。

通常は洗いといい、文字通り、水を使用して
ホコリ、汚れを表面的に取る方法もあります。

リホームの場合、それ以上にお仏壇を本格的
にキレイにしていきます。

新しく購入する方法も選択肢にありますが
愛着のあるお仏壇をキレイにしたいという方
も多くいらっしゃいます。

価格はお仏壇の大きさ等により異なって参ります。

お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。こちら。
http://www.butsudan-a.com/

埼玉県の仏壇店のあすか 「リビングに合うお仏壇」

テレビを見てますと今年の春のトレンドはこういったファッションと
宣伝しています。
 
「服はシャツとズボンさえあればいい。」といった感じの私。
どうもそうはいかない様です。
 
同じ服ではなく、違う服も売れないと困るので色々とメディアを使って
宣伝しているとか、しないとか、何かで聞いたような記憶があります。
 
時代の流れでお仏壇のデザインも変わって参りました。
 
お仏壇は本来ですと須弥壇(しゅみだん)があって、その上の天井に
空殿(くうでん)があって、といった決まり事がありました。
 
いまは和室よりもフローリングの洋室が増えてきましたので
従来型の唐木仏壇よりもリビングに合う家具調のお仏壇を
購入する方が増えて参りました。
 
家具調のお仏壇には須弥壇(しゅみだん)も空殿(くうでん)も
ありません。
 
最近は特に装飾が少ない、シンプルなデザインがトレンドに
なってきました。
 
あっ!私もアパレル業界の人と同じようなことをやっているのかな・・・?
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。こちら。

埼玉県の仏壇店のあすか 「お仏壇の扉の開け閉め」

アメリカのトランプ大統領がイスラム圏の7ヶ国の入国禁止を
うち出しております。
またアメリカ国内の製造の拠点を国外にするのではなく、国内に
しろと言っております。
いわば、内向きの考え方でアメリカ以外の国に対して扉を閉めますよと
言っている感じです。
経済の専門家は長期的に見たらむしろアメリカにとってマイナスになると
警鐘を鳴らしております。
 
お仏壇の扉も閉めっぱなしはよくありません。
むしろ、開けておいた方が良いです。
 
長期でご旅行や出張でお家を空けたりする場合、
またお掃除をするときは閉めたりすることはあります。
 
ですが、基本毎日、お線香をあげて頂くところですので・・・・
 
仏事の本を見ますと、私たちが寝る時、暗い方がいいので
就寝の際は扉を閉めた方がよいと書いてあるものもあるそうです。
 
ただ、その場合、お仏壇の膳引きという板を収納しないと
扉は閉まらない構造になっております。
膳引きに置いてある仏具を毎日下げて、扉を閉まるとなると
大変かと思ってしまいます。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。こちら。

 

埼玉県の仏壇店のあすか   「仏壇のミニ化」

普段私は車での移動が多いのですが、都内の病院に行く際
電車を利用しました。
 
ちょっと前までは本や雑誌を読んでいる風景でしたが
皆さんほとんどがスマートフォンを見ています。
 
たまたまそうだったのかもしれませんが、ちょっとビックリしました。
考えてみれば、今はスマートフォンで本も読める時代だとか・・・
 
ざわざ重たい本を持たなくても、小さくて軽い方がラクですしね。
 
お仏壇もだんだんと小さく、ミニになってきました。
特に東京の方は小さいお仏壇が多いと聞きます。
他の地域に比べてお家が狭いでしょうから、当然の事と言えます。
 
扉がないお仏壇だとか、壁掛けのお仏壇とかも出て参りました。
 
まわりを見渡してみても、家電製品を含めて様々なものが
小さくなったり、薄くなったりしてます。
 
お仏壇も時代の流れには逆らえないということでしょうか。
 
お仏壇のあすかのホーム・ページもご覧ください。

仏壇のことなら - お仏壇のあすかへ/職人の心を直接あなたにお届けします

 
仏壇のあすかの店長の日記